朝カフェの会は、2012年8月東京・町屋で鈴木拓(すずき・たく)さんにより開催したのが始まりです。

以降日本全国はもちろん海外に広まっており、全国250ヶ所以上、海外4カ国で開催されている一大コミュニティです。

2017年6月現在

以下、朝カフェの会についての詳しい説明があります。初めての方は、主旨やルールなどご一読下さい。
なお、鈴木さんによるご説明の動画も公開されています。

朝カフェの会のコンセプト

朝カフェの会は、朝食や朝のコーヒーの時間を共に過ごし、情報を交換し、共感し、お互いの人生を豊かにしていくための場所です。

インターネットに流れている情報は、世の中の情報のごく一部に過ぎません。また、人と人が対面し、五感で感じる情報は、決して他のメディアでは補うことができない価値があります。

何より、人と人が有機的に繋がることで、もし電気が止まってインターネットもパソコンもできなくなたっとしても、お互いに助け合うことができる人間関係を持つことができます。

今も昔も、私達が必要としているものは互いを必要としあう関係ではないかと思います。お互いの自主性を尊重し、楽しく過ごすことができる場所とするために、朝カフェの会では参加時間の制限を設けていません。

参加のルールはたった一つ。
「人が嫌がることをしない」

ソーシャルメディアの中だけの交流ではなく、リアルな人間関係を深めることで、やがてインターネットを使っている人も使っていない人も関係なく、人と情報が行き来する社会を作っていくことができます。

これが朝カフェの会の目指すビジョンであり、私たちはそのことをソーシャリアルと呼んでいます。

朝カフェの会 コンセプト動画(YOUTUBE)
◆朝カフェの会を始めた頃の話
◆ソーシャリアルとは
◆朝カフェの会のルール 人の嫌がることをしない
◆朝カフェの会の部活動
◆世界に朝カフェの会が広がったら

関連レポート記事
◆誰でも開催できる朝カフェの会
◆ソーシャリアルという考え方
◆唯一のルール「人の嫌がることをしない」とはどんなこと?
◆どんな場所でも朝カフェの会は開催できる
◆突発的な開催は、机の上に旗を置くだけ!
◆ソーシャリアルならSNSは炎上しない
◆朝カフェの会にお客様はいません
◆早起きは自己投資
◆一人朝カフェもよしとする心の余裕
◆朝カフェの会の部活動!
◆朝カフェの会の経済効果を考えてみる
◆近所に朝カフェの会がないな~と思ったら
◆垣根を作らない横のつながり
◆ゆる~いフリートークに価値がある!
◆朝カフェの会の運営費
◆ルールがなくても秩序は維持できる
◆朝カフェの会で仕事の話をしてはいけないのか?


全国・海外の開催場所や開催カレンダーなどは、朝カフェの会運営事務局(東京)にも掲載しています。
こちらも合わせてご覧ください。
朝カフェの会運営事務局 公式ウェブサイト http://www.asacafenokai.com