朝カフェの会の関西地区では、2013年春に当代表である岡本によりスタート。現在は4府県約30会場に広がっています。

ここでは、関西地区における朝カフェの会の歴史を振り返ります。
(ページ末尾には、代表のインタビュー動画もあります。)

関西地区の歴史

  • 2013年3月、当代表・岡本秀二がTwitterで鈴木拓氏(朝カフェの会 創始者)を探し、町屋朝カフェの会(東京)へ参加。
    朝カフェの会開催を承諾頂く。
  • 2013年4月、兵庫県西宮市の甲子園口にて、西日本地区初の朝カフェの会を開催。
    以降、大阪府松原市や京都でも開催。
  • 2014年8月、兵庫県尼崎市の「ダッチカフェ尼崎」さんにて、尼崎市内初の朝カフェの会を開催。
  • 2015年8月、朝カフェの会3周年記念「朝カフェの会祭り」を「ダッチカフェ尼崎」さんにて開催。
  • 2016年8月、「朝カフェの会祭り」をサンシビック尼崎にて開催
    (主催は、尼崎地域交流会朝カフェの会)
  • 2016年8月21日「朝カフェの会 関西事務局」を設立
  • 2017年8月20日、関西事務局として初の主催となるイベント
    朝カフェの会5周年記念「朝カフェの会祭り@関西」を兵庫県尼崎市立小田公民館にて開催
  • 2017年8月21日、関西事務局独自の制度「関西フォロワーズ」を施行、一般受付開始

朝カフェの会 参加者インタビュー 0006 関西で一番最初に開催
(YouTube)